Articles

日産280Z


ダットサン280Z

米国の排出ガスと安全性の要件がますます厳しくなる中、S30モデルのスポーツを維持するためのさらなる取り組みとして、日産自動車は1975年モデルの米国市場向けにダットサン280Zモデルをリリースしました。 。 2人乗りクーペと2/2(2 + 2)ハッチバックの両方のモデルは、280Zの1975〜78年モデルの実行を通じて引き続き利用可能でした。

280Zでは、L26エンジンのボアを拡大してL28を作成することにより、エンジンサイズを再び2.8 Lに拡大し、信頼性の高いBoschL-Jetronic燃料噴射システムを追加しました。

1975年と1976年のモデルには、1974年半ばのモデルイヤーである260Zに導入された、連邦政府が要求する5 mph(8.0 km / h)の衝突試験バンパーが引き続き装備されていました。これらのバンパーは滑らかな表面で、車のボディに接触するときに滑らかな黒いゴム製エクステンションにブレンドされました。 1977年と1978年のモデルは、バンパー自体の面に凹んだチャネルが追加されたバンパーを受け取りました。これは、波形またはアコーディオンスタイルの黒いゴム製エクステンショントリムにブレンドされています。また、1977年モデルの新製品として、280Zはフルサイズのスペアタイヤを受け取らなくなり、代わりに「スペースセーバー」スペアとより大きな燃料タンクを備えていました。その結果、ファイバーボード製のリアデッキエリアが高くなり、貨物スペースが削減されました。 1977年から78年にかけて、オプションの5速マニュアルトランスミッションが4速マニュアルと3速オートマチックオプションとともに利用可能になりました。これには、リアハッチの左下端に「5速」エンブレムが含まれていました。 1977年には、木炭塗装のホイールキャップスタイル(クロムZが琥珀色の中央のエンブレムに浮かんでいる)から、合金ホイールに似たハブキャップに更新され、クロムZが黒い円に浮かんでいるセンターキャップが付いています。

1977年と1978年に、ダットサンは2つの特別版モデルを提供しました。 「ザップ」版は1977年に「特別装飾パッケージ」として提供されました。ザップカーはサンシャインイエローの塗装で仕上げられ、中央と側面に黒いストライプがあり、ストライプの前端に黄色、赤、オレンジのシェブロンがあります。 1977年には推定1,000台の「ザップZ」車が提供されました。「ザップZ」モデルは1977年のロングビーチグランプリでもペースカーとして使用されました。ブラックパールエディション(1978年に製造)には、ブラックパールセントペイントと、デュアルレーシングミラー、リアウィンドウルーバー、およびユニークな赤と銀のストライプで構成された「スペシャルアピアランスパッケージ」(SAP)が付属していました。これらの車は750〜1,500台生産されたと推定されています。

S30シリーズは、1979年にS130 Nissan Fairlady 280ZX / Datsun280ZXに置き換えられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です